ちょろっとお時間頂戴
  • ちょろっとお時間頂戴♪

    Gem-one代表はんだしんや(権蔵)が、音楽やIT、ビリヤードやらなにやらと、記述しております。是非楽しんでいってください☆
    お問い合わせは、ブログコメントか、下記からどうぞ♪
    お問い合わせ
    powered by Gem-one
  • 働いてたら、あっという間に12月31日になってました。
    今年はなんといっても会社設立という一大イベントが迎えられたことが、とても嬉しかったです。設立するまで紆余曲折ありましたが、こうして12月31日まで仕事ができるというのは、とてもうれしいこと。
    どちらかといえば、会社員時代から「いやいや働く」という感じはあまりない。人からは天職だといわれることもありますが、どうやらそれに近いんでしょうね。嫌なこと、辛いこと、逃げたいこと、たくさんありますけども、それなりの笑顔で仕事ができる日々がとてもありがたい。

    お仕事でお付き合いくだすった皆さま、
    プライベートでお付き合いくだすった皆さま。
    今年も、ありがとうございました。
    そして、また来年も懲りずに。

    良い年末年始をお迎えください。

    フォローよろしくです



    メリークリスマス。
    先日、自分へのクリスマスプレゼンとに、テーブルというか棚というかを作ったんです。作業テーブルのこわきに、35cmぐらいの細長いエリアがありましてね。そこには防湿庫がおいてあったのですが、ちょっと他へ移動しまして。そこの開いたスペース用に作ったわけです。
    1x4オンリーでこそこそ作ったわけですが、結構、地道にのこぎりを入れないといけない場所がありましてね。もちろん、基本的なカットはホームセンターさんにお願いして切ってもらっておりますが、組手的なところとか、細かいところはやはり自分でやらないといけないわけで。

    のこぎりがまっすぐ切れない

    DIYってのは楽しいもんですが、唯一、憂鬱になるのはのこぎりです。直角でない。直角に近くはでるけどとか、そうゆうことじゃなく、まったくもって斜めになる(笑)。見ている方向からは、線にそって切れているけど、体が傾いてるのか垂直方向がね。。。まったくもって斜める。ゆがむ。
    本来ならカットした後にカンナで整えたり、のみを入れたりすればいいんだけど、めんどーでしょ?(笑)どうしても適当になるわけです。だから、ホームセンターで切ってもらうのが一番なわけですが、細かいところは切ってくれないんですよねえ。。

    まっすぐ切る道具

    世の中にはまっすぐに切ることをサポートしてくれる道具があるわけです。たとえばこれ。


    ただ、こんなの使っているようじゃ、いつまで経ってもまっすぐ切れるようにならないわけでねえ。ちょっと困った悩みです。いっそのこと、テーブルソウかチップソウでも買ってしまえって話ですかね?(笑)

    サンタさん、こーてくれ。
    でも、置く場所ない。

    あ、ついでにこれも

    フォローよろしくです



    何があれかって、冬は暖房にやられて困るわけです。アトピーっこは。乾燥にも負けるわけですが、温かさにも負けちゃうんですよね(私、アトピーっこというか、アトピーオジサンですな)。
    こたつなんて、もうそりゃ大変です。温かくて気持ちよくて具合が良いですよね。文明の利器ですよほんと。でもね。あれに入ると、温かすぎて血行が良くなりすぎる。必然的にかゆくなるわけですよ。マフラーもしかり、暖房の風もしかり。「ちょうど良い」が制御できれば良いんでしょうけどね。
    寒いから温かくしようとして痒くなるという、ほんと残念無念な体質です。

    映画を観た

    そんな私目、寝付けない夜に映画を観ました。映画を観たといっても映画館でではなく、自宅でですけどもね。
    観たのはこれ。グラントリノ。


    「もう何度も観た」と言いたいのですが、実は今回初めてみたんです。それも、前知識ほとんどないという(笑)
    あんなけ有名で、「あの映画よかったよ」という方が周りにいたにも関わらず「観なかった」私。ご存じのとおり(?)私は偏屈(?)天邪鬼(?)なので、少し距離を置いていたのかもしらんです。公開は2008年ですから、7年ぐらい放置してたことになりますかな?(笑)

    距離を置いて正解

    今回は距離を置いておいて正解でした。評判やら映画の背景、キャスト、あらすじなど、余計な情報が頭から排除された状態での鑑賞だったので、先入観なしにじっくり観られましたもの。
    あるでしょ?期待しすぎちゃってがっかりするとか。予告編のほうがかっこいい映画とか。
    どの映画がそうだったかとは言いませんけど、結構ありますでしょ。
    今回は、そんな頭の中の「期待」やら「筋道」が無かった分、とっても楽しく観られました。

    それにしても

    クリント・イーストウッドさんが宗教を信じるかどうかは別の話として、そういった類のものについて自分なりに思い入れがあったり、考えがあったりするかたなんだなぁーと映画を観てて、そう思いました。
    そうゆう雰囲気をしっかり観させ、物語も成就させる監督ってすげーなーとおもう今日この頃。

    器用だなぁあ。

    フォローよろしくです



    毎日のルーチンであれば、すぐに覚えられるし、行動もパターン化できる分、「覚える」というより行動が身につくと思うんです。
    私の場合、経理・事務的なことは、月末に「サブ」的な感じでやってるもんですから、どうも作業の波に乗れない。ましてや、本業が忙しいと「うっかり」なんてこともありうる。
    ただ、会社員を15年ぐらいやっていたおかげで、月次作業の習慣化はあるんですけどもね。

    でも忘れる

    中途半端な予定とか、ご要望とかってあるじゃないですか。

    「12月15日までに解約する」

    たとえば、この日付までに解約しないと、1年契約の費用がかかってくるみたいなやつです。
    10日ぐらい前に連絡がくるようなものであれば、覚えてられるのですが、連絡がこないものなんて、もうすっかり頭から抜け落ちます。

    ホワイトボードかコルクボードに書く

    「忘れる」という痛い目に何度もあったおかげで、色々防御策を考えた権蔵氏。
    「そうだ、付箋を貼っておこう!」
    ということで、忘れるものは「ホワイトボード」や「コルクボード」に付箋を貼っておく習慣が生まれました。
    ふつうの人であれば、学生ぐらいで気が付くことを、社会人何年目かに気が付くわたくし。なかなかやりおるね。
    この付箋、便利なもんで、パソコンのデスクトップ画面に貼り付けられるものもあるんですよね。ソフトでね。ただ、結局「パソコンを付けないと視界に入らない」ので、あまり宜しくない。ですので、ホワイトボードかコルクボードに書くか、付箋をはるのが一番となったのでありました。

    視界に入れる

    今の事務所で仕事をする際、一番大事だなと思ったのは「予定を視野に入れておくこと」。会社員時代に体験した「痛い目」に合わないように、文字通り「見えるところに、予定を書いておくこと」であります。
    おかげで、今の事務所はホワイトボードもあるし、A0のコルクボードもあるしね(笑)
    そんなに必要なのか?と思う今日この頃ですけども。

    貼れる黒板

    最近、壁に貼れる黒板ってのがあるんですよ。


    ステッカーになってるみたいです。
    物忘れが激しい私目、いつも、「何かを書いておく場所」を探してしまうわけですが、こうゆうのを使う手もあるんだなぁーと。

    かおうかおう!

    と思ったのですが、事務所の壁という壁は、収納やらギターやらで埋まっておるので、貼れません・・・・。
    ちょいとがっかりして見上げた天井。

    しめしめ、こんなところに壁があるではないか

    ということで、天井に貼ってやろうかな(笑)
    首疲れるけど(笑)

    フォローよろしくです




  • ちょろっとお時間頂戴♪

    Gem-one代表はんだしんや(権蔵)が、音楽やIT、ビリヤードやらなにやらと、記述しております。是非楽しんでいってください☆
    お問い合わせは、ブログコメントか、下記からどうぞ♪
    お問い合わせ
    powered by Gem-one